2008年の『侍FX』 の成績表をみて「あれっ?」と、思う点が2点ほどありませんか??

まず、1つめ。

{月の獲得pipsが少なめ}

現在FX商材は数多く存在していますが、そのほとんどが
高pips獲得を「売り」にしています。
そんな中で、「侍FX」の月平均は、おおよそ150〜300pipsと
やや小ぶりな利益幅だな〜。と、思いませんか?

次に2つめ。

{ドローダウンが異常に少ない}

高pips取得商材の多くは、
最大ドローダウンが200pips〜800pipsと広めの設定になっています。
ですが「侍FX」では、異常とも思える

最大ドローダウン26pipsです!!

システムトレードで、ドローダウンが26pipsはありえない!
と、おっしゃる方は多数いると思います。

まず、この商材に少しでも興味を抱いて
いただいた貴方に最初にお願いしたい。

今までのFXの常識を、
すべて!取り去って聞いてください。


まず、この成績は決して偽りのないものですし
今後も2008年と同じようなパフォーマンスで成績は推移していくと、
私は確固たる自信を持って宣言します!

また、バックテストだけでは信用できないとおっしゃる方も居ると思いますので
2009年1月と2月の実績も掲載します。



2009年成績最新版


「侍FX」が、いかに高パフォーマンスであるか分かっていただけたと思います。

また、通常のFXシステムトレードですと
レバレッジが10倍〜20倍程度での運用を
推奨しているシステムが多数を占めますが、

この「侍FX」は、勝率が非常に高いポジションで安定しているため
比較的高めのレバレッジを掛けることにより、
資金効率を高めることが可能です。

これが、低獲得pipsでも十分に資金を倍増させるための方法です。

更に、高勝率が日々のトレードの安心感を増大させます!

以前、私は多くのFX個人投資家達にブログを通じてアンケートを取った事があります。

その時に面白いデータが取れましたのでご覧ください。


 

こう見てみますと、私たちに一番なじみのある米ドル円が最も人気が高く
以下、値動きが大きく利幅の取れるポンド円、ユーロ円と続いています。

さて、FX商材で最も多く見られる推奨通貨ペアは
ご存知でしょうか?

FX商材だけを見てみますと、上の通貨ペアの順位が入れ替わります。

特に多いのが、やはりGBP/JPY(ポンド円)です。
これは、一日の値幅(ボラティリティー)が高いく、大きな利幅を得ることが
出来るため、商材の推奨通貨ペアとしても多く取り入れられています。
ですが、利益も大きいが損失も大きいということを頭の中に入れておいてください。
※決してポンド円が悪いというわけではありません。

「侍FX」の通貨ペアは、ドル円のみです。

これは、

比較的取引量が多く安定していること。

急激な暴騰、暴落のボラティリティー幅が狭くテクニカル指標がマッチしやすいこと。

値動きの情報を得やすいこと。


スプレッドが狭いこと。


こういった特徴があります。

現在のFX商材によくあります「高獲得pips」を謳うのは、決して悪くはありませんが
私がシステムトレードで一番重要だと思っていることは、

大きく勝つ事。ではなく!

安定して勝つ事!!であると、強い信念の元

「侍FX」を開発しました。

ただ、開発といっても簡単な事ではありませんでした。

1000以上のインジケーター(テクニカル指標)を全て組み合わせ、
安定的に勝ち続けることの出来る手法を作るため、
わずかな睡眠時間を削ってまで、検証に没頭した時期もありました。

いろいろな著書や専業のFXトレーダーの方々とお会いし、
トレードに対する考え方などメンタルの部分での勉強や
実際のトレード手法まで、自分の足で稼いだ情報も数多くありました。

FX商材を実際に購入して試した時期もありました。

こうした事を続けていくうちに、FXで勝ち続ける手法についてある結論に達したのです。

今も現役で常に勝っているトレーダーは、

非常にシンプルな
手法を用いている!


と、言うこと。

そして、

誰もが知っているテクニカル指標を
多くても3個程度しか
組み合わせないこと。

つまり、今まで私はインジケーターを複雑にすればするほど勝てると
自己暗示に掛かっており、それがただの過剰なカーブフィッティングであると
気がつかされたのです。

※カーブフィッティング(最適化)・・・いわゆる過去のチャートに合うテクニカルを
  落としこみ、利益が出るように調整を繰り返す。
  現在の値動きに、必ずしも効果のある方法ではないやり方。


そしてもう一度、誰もが知っているテクニカル指標を徹底的に見直しました。

 投資の本の中にテクニカル分析について一言で解説しているものがあります。
「テクニカル分析は応用社会心理学であり、群集の行動を分析して儲ける技術」
だというのです。

つまり、テクニカル指標やチャートが相場の先行きを
表しているのではなく、それを見て売買している人が「多い」ために
「結果として」テクニカル指標やチャートが
機能する(機能してしまっている)のです。


ということは、世界に無数にあるテクニカル分析の中で

誰も聞いたこともないようなテクニカル指標を
組み合わせるよりも、誰もが知っているテクニカル指標を
組み合わせたほうが、より機能する


ということです。

これは、現役億トレーダー達の多くに共通する項目です。

そして、より安定し自身が安心してリアルマネーを預けられる
究極の手法(世界には多くの優れた手法がありますので、語弊を招くかもしれませんが…)
手にすることが出来ました!

誰もが知っているテクニカル指標2つと、平均足を組み合わせた手法です。
ただ組み合わせただけでは、このような高勝率は望めませんので
ある一定のルールや、本来の使い方にプラスアルファしているものなどがあります。

この2つの指標は、誰でも知っている指標ということで

どのFX証券会社のチャートにも、テクニカル指標として組み込まれている事が多く、

よくあるMT4(メタトレーダー4)やVTなどでサインを確認し、
注文は自身が使っている証券会社の注文画面から注文する。


といった、面倒なことをしなくてもよいという、利点も生まれました。


また、得てしてそういったMT4やVT・CT等と、普段使っている証券会社のレートが
若干違っていることも多く、出来るだけ煩わしい作業をなくすことが出来たのも
難しい指標や、レアな指標を使わなくて良いという利点でした。
※MT4や、VT・CT等でも同様にセッティングすることで、「侍FX」を表示することが可能です。

そして私がシステムトレードに求めたのは、

でした。

安定・・・システムが安定して機能し続け、毎月確実に利益が生まれること

不安要素の排除・・・日々のドローダウンの徹底した排除

チャンスの拡大・・・どの時間帯からのアプローチでも、
            多数のチャンス(サイン)が現れること


上記3点を兼ね備えたのが「侍FX」です。

こんな調子のいい話があるわけない!と、
お思いでしょうか?

確かに、「楽して儲ける」のはムリです!
どんなに素晴らしいシステムを手に入れても、
マニュアルを一読して、すぐに実践して儲かるような甘い世界ではありません。

しかし、あなたが「侍FX」を手にいれ、それを熟知し実践すれば
以下の結果がついてきます。



2009年成績最新版



「侍FX」の表示は、いたってシンプル。
みんな一度は聞いた事のあるテクニカル指標2つと、平均足を使って
エントリーポイントを判断します。

ほとんどの証券会社のチャートシステムに採用されているテクニカル指標ですので
多くのトレーダーが参考にしています!


また、ローソク足ではなく平均足を使用することで「だまし」を、ある程度回避できます。

※平均足が実装されている証券会社は多くありません。
  お手持ちのメイン口座が、平均足に対応されていない場合は
  MT4やVTなどで「侍FX」を表示させ、売買はメイン口座画面にて行うスタイルとなります。
  現状でのお勧めはFXブロードネットで、平均足実装済みで、スプレッドが狭く、レバレッジも400倍と
  私もメインとして使わせていただいております。(2009/3月現在)


「侍FX」は、USD/JPY(米ドル円)ペアの1分足でサインを判断します。
一般的に短い足ほどレートのレスポンスは良いのですが、ダマシが多くあまり使えないとされています。
ただし、中長期足でのトレンドを確認したうえで、順張りの場合のエントリータイミングとしては、よく
利用されているようです。

ですが、「侍FX」は中長期足は全く見ません。

ここは、今までの固定概念を取り去ってください。

「侍FX」は、デイトレードよりも短い短期売買。スキャルピングのシステムです。
ですから、長い足でのトレンドの方向性は、そこまで重要視しておりません。
それでは、ダマシが多いのではないか?
と、疑問に思う方もいると思います。

ですが、長期足で上昇トレンドであっても1分足では上下を繰り返しながら上昇していきます。

その短い下落をもサインとして出現させているのです。
ただし、一瞬の下落でボラティティーがあまりにも低い場合は、サインが出ません。

ですから、超短期足では一時的な順張りとなり、それが勝率に現れていると自負しております。

また、長期上昇・下落トレンド形成時での戻り売り・押し目買い前のポイントでは
トレンドと逆の動きをしますので、そちらもサインが出ます。
さらに、実際に戻り売り・押し目買いポイントでは、長期足トレンド方向へサインが出現します。

こういった上下を繰り返すレートの動きで、1粒で2度美味しいといった効果も得ることが出来ます。

2つのテクニカル指標を使い、限りなくダマシの可能性を排除しているため
非常に高勝率をキープすることが可能です。

また、固定ストップロスは8pips。
それ以前にロスカットサインが出ることもしばしばですので、毎日がプラスで終わることが多く
投資家として、精神的に非常に安定しています。


また、スキャルピングトレードで少しずつ利益が積み重なっていきますので
トレードの醍醐味を味わうことも出来ます。

FX商材というのは、他人が作ったシステムです。
これを信用するのは至難の業で、いくら他の批評で良いうわさは聞いていても、実際に購入決心し
実践するに当たり、大きなドローダウンを喫してしまうとシステム自体信用できなくなります。

こういった悪循環が、勝てるシステムを所持しているのに
最終的に一時的に大きく負けたことにより、システムを信用できなくなった・・・。

よく聞く話です。

ブログなどで、システムの検証をしているサイトで、素晴らしい成績を出していることで
もしかしたら、自分も儲かるかもしれないと実際買ってみたけれど
結果が伴わなかった。なんて話、よくありますよね?

所詮他人が作ったシステムです。
そこへ、自身の命の次に大切なお金を投資するわけですから、負けが大きくなると
信用できなくなるでしょう。

そういった面でも、ドローダウンが低いということは日々のトレードの安心に繋がると
私は確信しています。

 



 

「侍FX」は、限定300名に特別価格で提供します。

このシステムトレードは、現状300名限定を考えています。

私は、システムを買って頂いた以上、そのトレーダー様とは
長い付き合いになると考えているため、
私個人では300名がサポートの限界だと考えているからです。

ですから、今回は通常価格69800円を約30%OFFの
48800円にて特別提供いたします。


また、良くある時間を区切って段階的に値上げをする行為は
いかがなものか?と、以前より思っておりますので
これ以上の価格吊り上げは致しません!

あれは、単に購買意欲を駆らせるセールスレター手法に過ぎません!

また、これも良くありますがメールサポートの期限。
私は、購入していただいた方全てがお客様であり、同士であると考えて
いますので、メールサポートは永久的に行っていきたいと考えております。

また、これだけは必ず理解していただきたい。

これだけ利益を上げることが出来るシステムを薦めておきながら、矛盾していると
思われるかもしれませんが、

投資に絶対はありません!

楽して儲かるものではありません!

常に学ぶことを忘れてはいけません!


このことをまず、頭に置いていただいて、
それからゆっくり、この商材購入するべきか?
しないべきか?を考えていただければと、思っております。




 




※SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信がすべて
暗号化されますので、ご記入いただく内容は安全に送信されます。
※ご購入に関しまして、下記の動作環境を必ずご確認ください。

■動作環境■
 ・インターネット接続環境


【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、再現性の高い商品だと自負しておりますが、社会情勢や景気の急激な動向等の環境の変化や
購入者の方の理解度の度合いにより、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは、価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので場合によっては
投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります





 

FXは、まったくの初心者ですが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。

むしろ、余計な知識・固定概念がない分、有利かもしれません。

システムトレードとは、個人の判断を排除し、売買ルールに従って淡々と簡単な注文を繰り返すだけです。
わからないことがあったとしても、メールにて徹底的にサポートさせていただきますのでご安心ください。

エントリー方法などは、複雑で理解に時間を要するものですか?

いいえ。とてもシンプルで簡単です。

誰もが一度は聞いたことのある、テクニカル指標を使っていますので
チャート画面に多数のテクニカル指標が乱雑に並ぶなんてこともありません。

また、売買サインもとてもシンプルで初心者の方でもハッキリと判断できるものです。

「え?これだけ?」と、言われる購入者様もいますが
しっかりと成績を残せているようです。
100%勝てますか?

投資に100%はありません。

ですが、冒頭にも申し上げましたとおり
「侍FX」を熟知・実践することで限りなく勝率を高めていくことは十分に可能です。



普段忙しく、仕事から帰った後の夜数時間しかエントリーできませんが、

利益をあげていくことは可能ですか?


はい、十分可能です。

本文に記載されております成績は、主にNY時間での取引で
21時から24時までの3時間程度での記録です。

当然、トレード時間が延びれば成績も伸びてきますし、東京時間や欧州時間での
検証も同等のパフォーマンスを得ておりますので、どの時間でも安心して
取引していただけると思います。

投資資金はいくら必要ですか?


証券会社の必要証拠金にもよりますが、
非常にドローダウンの少ないシステムですので
2〜3万円あれば取引可能です。

ストップロス(損きり)は、設定しますか?

はい、当然設定します。
当システムでのロスカットは、1エントリーで8pipsです。

非常に浅いロスカット値です。
このロスカットの浅さは、投資家の心理上安心できる値ですが
多くの検証の末に決められた値ですので、成績に影響することはありません。

通貨ペアの指定はありますか?

はい。
USD/JPY(米ドル円)のみとなっております。
また、チャートは1分足を使用しますので、エントリーサインが比較的多く出現します。

大体1時間で1回〜6回程度出現し、比較的多くのチャンスが訪れます。

また、基本的に短い足ですとダマシが多いように捕らえられますが
超短期のスキャルピング手法ですので、1分足のみでも勝率は85%以上と非常に高めです。

スキャルピングは技術がいると聞きますが?


どのようなシステムでもそうですが、必ず実践する前にデモトレードでの練習をお勧めします。
デモトレードで十分に利益が出るようになってから、本番に移ったほうが良いでしょう。

ただ、「侍FX」は1秒を争うような忙しいトレードではありませんので、
高いスキルは必要ありません。
要は、このシステムを熟知し、いかなる時もルールどおりに淡々とトレードすればよいだけです。

※スキャルピングシステムですので、デイ・スイングトレードと違いエントリーから決済までの
  スピードは早めです。ご理解ください。

マニュアルは、分かりやすい構成ですか?

はい、極力分かりやすく作っております。
しかしながら、よくある前説のような「FXとは、なんぞや?」、「用語の説明」、「売買の方法に関する基本的な知識」などは
マニュアルに記載しておりません。

これは、FXトレードをする上で必ず必要な知識であり、そういったことは自ら調べて勉強するということが
とても大事であると思っているからです。

1から10まで、おんぶにだっこでは今後FXトレーダーとしての成長は難しいと言えます。

楽して儲かるほど甘い世界ではありません。
学ぶという心を忘れずに、日々トレードしていってください。
私は、その上で最大限のサポートをしたいと思っております。
投資金額に対してのエントリー枚数などの指定はありますか?

トレードにおいて、ポジションサイジング(資金管理)は特に重要とされています。
侍FXでは、資金管理の面でもサポートしていきます。

また、マニュアルにも資金管理の項を設けてありますので、そちらで確認して
エントリー枚数などを決める方式となっております。


◆特定商取引に関する記載

 



※SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信がすべて
暗号化されますので、ご記入いただく内容は安全に送信されます。
※ご購入に関しまして、下記の動作環境を必ずご確認ください。

■動作環境■
 ・インターネット接続環境


【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、再現性の高い商品だと自負しておりますが、社会情勢や景気の急激な動向等の環境の変化や
購入者の方の理解度の度合いにより、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは、価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので場合によっては
投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります



 



最後に私は、裁量がとても大事であると考えております。
システムトレードを販売していて、何を言っているのか?と、お思いでしょう。

ですが、この先FXという市場で生き抜いて行こうと考えていらっしゃるのであれば
システムのサインだけ見て、買いや売りを機械的に行うのではなく
トレードを終えた後、なぜ勝ったのか?なぜ負けたのか?
是非、自問自答していただき今後、貴方の裁量をレベルアップしていただきたいと
心より願っております。

「侍FX」は、そのうちの1つの手段としてお使いいただければと思います。

簡単に儲かるものなんて、一つもありません。
努力なくして儲かることなんてありません。

私は、「侍FX」という一つの有効的な手段を提供し、
また今後、市場で生き抜いていくためのスキル向上をメールサポートという形で、
一緒に考えていければと思っております。

このシステムが、貴方のトレードにおいて一助になれば幸いです。


Copyright (C) 2009 Samurai FX. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system